石綿(アスベスト)の事前調査について

解体工事のKSくん
解体工事のKSくん

令和4年4月1日から、アスベスト調査結果の報告が義務です。解体物件の建材にアスベストが含有しているか調査が必要です。大気汚染防止法で厳格になりました。

建築時期・規模・用途を問わず、全ての建物の解体・リフォーム工事を行う際はアスベスト含有建材の有無を調査(事前調査)する必要があります。事前調査でアスベストが見つかったら工事の際にアスベストが周辺に飛散しないように措置が必要です

解体工事のKSくん
解体工事のKSくん

でも建材に「アスベストが入っているか?」なんて分かりませんよね。。
図面や設計図書に記載があり有無が分かれば良いですが、不明な時は当社が疑いのある建材を調査致します。当社提携の分析会社で石綿分析結果報告書(有料)を発行します。

解体工事のKSくん
解体工事のKSくん

これからは、この事前調査や各関係省庁に届出を怠ると、工事発注者様も罰則の対象になります。お気をつけください。

事前調査やアスベスト除去工事も当社で全て対応可能です!
KS総業にご相談ください。

解体工事のKSくん
解体工事のKSくん

出典:環境省 水・大気環境局 大気環境課
http://www.env.go.jp/